スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原都知事、威光に陰り?4選出馬説も交錯(読売新聞)

 東京都の石原慎太郎知事(77)は、22日で知事在任11年を迎える。

 現在3期目で残り任期は1年。「今期限り」と公言していることから、都庁内では「ポスト石原」を見越して、「求心力は大きく低下している」(幹部)との声が目立っており、今後の都政運営が注目される。

 「知事の意向だから」。都庁内部で政策を調整する際、摩擦を避けるために幹部らが口にしてきた言葉だ。石原知事の考えであれば「ノー」とは言いにくい。だが、都のある幹部は、最近そのセリフが庁内で聞かれなくなったと打ち明ける。残り任期が短くなり、知事の「威光」も衰えてきているというのだ。

 「実施まで数年を要する大型事業はとても提案できる状況ではない」。複数の都幹部はこうも語る。

 石原知事は1999年に初当選。「今期限り」を明言した3期目は、昨年7月の都議選で、知事と距離を置く民主党が第1党に躍進したことから、難しい都政運営を強いられてきた。昨年10月には2016年夏季五輪の招致に失敗。築地市場の移転や新銀行東京の経営再建問題などにも直面し、今月9日の記者会見では、4選出馬について「無理だね。年寄りをいじめないほうがいいよ」と語った。

 一方、「ラスト1年」に庁内でくすぶり続けるのが「4選出馬説」だ。石原知事が否定しながらも、先月から今月にかけて「心境は複雑に変化している」などと繰り返すなど、折に触れ、微妙な表現で続投をにおわすためだ。実際、「石原知事が4選目指して出馬するなら最有力候補」との分析は都政関係者の間でほぼ一致する。

 国政に対する言動も目立つ。新党「たちあがれ日本」の発起人に名を連ねて行動を活発化させると、「知事自身が参院選に出るのではないか」との観測も広がった。民主党のある都議は、「気を持たせるような発言は、求心力を保とうとする知事の戦略」と推測する。

 残り1年を支える都幹部も、「注目される政策を打ち出してきた知事だから、また驚くような政策が出るかも知れない」と語った。

雑記帳 まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
舛添新党改名で旗揚げ…自民党離党届提出(スポーツ報知)
<新潟県立近代美術館>仏像展開幕 カビ騒動で会場が変更(毎日新聞)
出張ヤギさんが園児とふれあい(産経新聞)
新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化-安全な再生医療期待・東北大と京大(時事通信)
スポンサーサイト

外国人参政権、慎重に=直嶋経産相(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は20日の閣議後会見で、永住外国人の地方参政権をめぐる議論について、推進派と慎重派で「民主党内の意見が二分されている」との現状認識を踏まえた上で、党としては「慎重にした方がいい」と述べた。
 直嶋氏は「地域のさまざまな意見を反映する意味で、特に投票権は認めた方が、日本の社会が安定する効果がある。歴代の党執行部はそういう発想を持っている」とする一方、「慎重な議員が増えているのも事実」との見方を示した。その上で「わたし自身は、投票権だけは認めてもいいという考え方を持っているが、党としての扱いは難しい問題だ」と語った。 

介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
名古屋市の違法行為認定=税減免措置で最高裁(時事通信)
衆参同日選「コメントしない」=鳩山首相(時事通信)
静岡で新茶の初取引=生育遅れ単価2倍に(時事通信)

大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)

 ライオンをガラス越しに観察できる迫力満点の展示スペース「レオガラス」を広島市安佐動物公園(同市安佐北区)が設置し、一般公開を始めた。

 ガラス1枚を隔てて見る「百獣の王」の迫力に、来園者らは大喜びで、興味深そうに観察していた。

 レオガラスは高さ3メートルで厚さ約2センチ。体重200キロのライオンが時速60メートルでぶつかっても大丈夫な強度という。

 今まではライオンと観覧者の間は、幅約9メートルの堀とさくで隔てられていたが、改修工事で堀に橋を架け、さくの代わりに強化ガラスを設置した。

【関連記事】
“生き餌”食べさせる殺戮ショー トラ虐待、中国で問題化
長崎の“竜馬”が薩摩へ 「泳げないカバ」の次男
動物園からペンギンなど盗む 長崎地裁で初公判
敵もサルもの…今度は逃がさぬ 東山動物園が新飼育舎
春は恋の季節? クジャクが羽根を広げてラブコール

<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設(医療介護CBニュース)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
<水死>75歳男性、揖斐川で投網漁中 岐阜(毎日新聞)
岡部まり氏を民主擁立、14日に正式表明へ(読売新聞)

「村本さん失い、深い悲しみ」 ロイター編集主幹がコメント(産経新聞)

 バンコクで銃撃を受け死亡した日本人カメラマン、村本博之さん(43)が所属するロイターは11日未明、デイビッド・シュレシンジャー編集主幹のコメントを公表した。コメントは以下の通り。

 「バンコクでの衝突で同僚である村本博之さんを失い、深い悲しみを感じています。ニュースを世界に伝えるジャーナリストたちはその中心に身をさらしており、ジャーナリズムは時として極めて危険な職業になります。トムソン・ロイターの社員全員が今、この悲劇を悼んでいます」

【関連記事】
「悔しい思い」 ロイター日本支局の同僚語る
流血の事態に 対立深刻化、完全解決遠のく タイ
タイ衝突 死者13人、負傷500人超える
タイ反政府デモ長期化の理由は 強制排除、首相にジレンマ
放水・催涙ガス初使用 タイ政府一転、強制排除も

<動物死骸>葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警(毎日新聞)
米、迷走に露骨な「NO」 首脳会談・小沢氏訪米見送り(産経新聞)
<スペースシャトル>地球帰還を1日延期 アンテナ不具合で(毎日新聞)
<仮処分申し立て>「雇い止めは無効」元スケート五輪コーチ(毎日新聞)
<殺人未遂>警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)

「弘道会特別対策室」を設置=幹部摘発、資金源根絶狙う-愛知県警(時事通信)

 愛知県警は1日、指定暴力団山口組弘道会(名古屋市)に対する取り締まりを専門に行う「弘道会特別対策室」を捜査4課内に設置した。県警によると、暴力団の特定の2次団体を対象とした対策室は全国でも異例。
 警察庁の安藤隆春長官が昨年9月、山口組組長の出身母体である弘道会の重点取り締まりを指示したことを受けたもので、弘道会幹部の摘発や資金源の根絶を目指す。 

【関連ニュース】
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か
稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示
放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定
道仁会側が住民らを提訴=本部使用禁止めぐり賠償請求
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定

麻薬密輸罪の日本人、中国で死刑執行へ(読売新聞)
黄氏、拉致を「反省」 担当相・家族会と懇談(産経新聞)
<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)
大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)
自民・園田氏、谷垣総裁に離党届提出(読売新聞)

痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)

 打撲した場合などに痛む場所を「さする」という動作には、傷ついた神経回路を修復する効果があるとの研究結果を、群馬大大学院の柴崎貢志講師(分子細胞生理学)らがまとめた。柴崎講師は「さする行為には、神経再生を促そうという無意識な意味が込められているのではないか」と話している。

 柴崎講師らは、神経細胞にあって熱を感じるセンサーの役割を果たすタンパク質「TRPV2」に注目。マウスなどの細胞を使った実験でTRPV2があると、TRPV2をなくした細胞に比べ、刺激を伝える神経の「突起」という部分が長く伸びた。

 「さする」行為と同様の刺激を与えるため、TRPV2がある人間の神経細胞を載せた膜を引っ張ると、細胞が反応することを確認。TRPV2が物理的な刺激を受け止めるセンサーの役割を果たし、人間でも突起が伸びて神経が再生するのを促していると考えられるという。

 将来、胚(はい)性幹細胞(ES細胞)やiPS細胞などを使った再生医療技術と組み合わせると、効果的な神経再生に役立つ可能性があるのではないかとしている。

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)との共同研究

首相支える姿勢強調=岡田外相(時事通信)
<密約>藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書(毎日新聞)
長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)
<法勝寺>八角九重塔 時を超え広がるロマン /京都(毎日新聞)
<官房長官>沖縄の3訓練区域 米政府に返還求める考え(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。