スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)

 兵庫県明石市の歩道橋で平成13年、花火大会の見物客が転倒して11人が死亡するなどした事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元県警明石署地域官、金沢常夫(60)と元警備会社支社長、新田敬一郎(68)両被告の上告審で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は、両被告側の上告を棄却する決定をした。ともに禁固2年6月の実刑とした1、2審判決が確定する。決定は5月31日付。

 同小法廷は「雑踏事故の発生を容易に予想でき、未然に防ぐべき業務上の注意義務があった」と指摘。「事故はないと軽信し、注意義務を怠って措置を講じずに放置したことで、事故を発生させて多数の死傷者を出しており、業務上過失致死傷罪が成立する」との判断を示した。

 事故をめぐっては、神戸地検が不起訴としていた同署の元副署長(63)について、遺族の審査申し立てを受けた神戸検察審査会が起訴議決し、今年4月、同罪で全国で初めて強制起訴された。

【関連記事】
地検が指定弁護士の意見書依頼の費用認めず 明石歩道橋事故
明石歩道橋事故 元副署長に公判前整理手続き適用
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴
「はやぶさ」帰還へ

小沢氏との関係…首相「時折、連絡はとっている」(読売新聞)
与党180議員「県外へ」 首相に署名提出 政府方針に明記要求(産経新聞)
ミニ新幹線を長野~塩尻に通してみたら?(産経新聞)
<崩落>洞穴調査中の埋蔵文化財センター職員死亡 富山(毎日新聞)
有料老人ホームの運営「訪問診療医との連携が重要」―医療法人財団コンフォート・西郊理事長(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。